人気ブログランキング |

蔓切の言葉と手作業の意味 Turu Kirin's words, why do Turu Kirin by hand?

蔓切の言葉と手作業の意味   Turu Kirin\'s words, why do Turu Kirin by hand?_a0391480_22265046.jpg

まあ、これを、
と吉田勝治さんは、いつものようにお茶を入れてくれた。


 が、今回は少し違った。


 吉田製茶場で吉田利一さんの「蔓切(つるきり)」の作業を見せてもらい、蔓切とはなぜそう言うのか、蔓切を手作業でするのはなぜか、機械でするのとどう違うのか、蔓切で出来た茶をどう言うのか、と吉田勝治さんに矢継ぎ早に質問した時のことだった。


蔓切の言葉と手作業の意味   Turu Kirin\'s words, why do Turu Kirin by hand?_a0391480_22290045.jpg
蔓切の言葉と手作業の意味   Turu Kirin\'s words, why do Turu Kirin by hand?_a0391480_22300113.jpg

 吉田勝治さんは、製茶場に行き、そこから運んできたお茶を淹れて、「これが荒茶です。」と言われた。


蔓切の言葉と手作業の意味   Turu Kirin\'s words, why do Turu Kirin by hand?_a0391480_22272039.jpg
蔓切の言葉と手作業の意味   Turu Kirin\'s words, why do Turu Kirin by hand?_a0391480_22272697.jpg


 荒茶からまたさまざまのお茶になるらしいが、お茶の香りを味わいながら飲んでしまい次の質問が出来なくなった。


 吉田勝治さんの仕事部屋には、お茶に関する文献が多くある。


 ひと言で言い表せないので、まず、お茶を飲んでみて、と言う意味だったことが後日解りかけた。









茶摘み後の茶製造過程のひとつが蔓切。
 蔓切は、茶葉をある程度の長さに整える作業。伝統手作業で、笊(ざる)に茶葉を入れ前後左右にゆらして茶葉を笊の編み
目から下へとふるい落とす。整えられた茶葉は、荒茶と言われる。


と書いてみたものの知識不足は、隠しようもない。


蔓切の言葉と手作業の意味   Turu Kirin\'s words, why do Turu Kirin by hand?_a0391480_22303368.jpg

 戦前からある蔓切の籠は、幾重にも修理されて大切に使われている。


 いや、あらゆる道具がていねいに守られ、今も使われている。


蔓切の言葉と手作業の意味   Turu Kirin\'s words, why do Turu Kirin by hand?_a0391480_22310246.jpg
 吉田勝治さんに聞いて少しずつなけなしの知識を補って行きたい。



by ujimeicha | 2020-05-29 22:33 | 宇治茶を知る | Comments(0)